地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と11歳と8歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


嘉吉の変でホカホカ

引き続き室町関係の書籍をぼちぼち。応仁の乱から入ると、そもそもの話としてどうしても時代をさかのぼっていきます。

嘉吉の乱
嘉吉の乱(かきつのらん)は、室町時代の嘉吉元年(1441年)に播磨・備前・美作の守護赤松満祐が、室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれるまでの一連の騒乱である。主に嘉吉の変(かきつのへん)と呼ばれることが多い。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%89%E5%90%89%E3%81%AE%E4%B9%B1


嘉吉の乱、もしくは嘉吉の変は前代未聞の将軍暗殺事件。暗殺された6代将軍足利義教は病的ともいえるほど燗が強く、執念深い性格の持ち主で、その怒りにふれて処罰された者は数知れないという恐怖政治をしいた将軍。


その嘉吉の乱について、ホカホカする記述を発見。

かくて典型的な抑鬱型精神病質とのいうべき義教は、解き放った性衝動のために、数々の悲劇を招来。もちろん男色にものめり込み、守護大名家の家督相続への干渉や不当な領地没収で手に入れた所領を、寵愛する美貌の近臣・赤松貞村に与えるという暴挙に出る。ついには、貞村の本家筋にあたる赤松満祐の所領をねらい、そのことが自らの無残な横死へとつながってしまった。1441年(嘉吉元年)、宴のさなかに義教が赤松満祐によって殺害されたことで、万人恐怖はようやく打ち止めになる。


えーまじでー 嘉吉の変がそういうところからきてるとはー 祝勝の宴の場で将軍が暗殺された件は、学習漫画でもよく出てくるけど、こういう記述はさすがになくて、おもしろいやんか……となり、がぜん赤松氏に興味がわいてきた次第。ていうか赤松貞村て誰。調べたら貞村の妹が義教の側室とな。兄妹!しかし義教の人物像がひどすぎる。解き放った性衝動。

満祐には4代将軍義持時代に、義持の命でその寵童・赤松持貞(貞村の叔父)に危うく所領を奪われかけた苦い経験があった。


美貌の家系らしい赤松氏にかつてない興味を抱き始めています……


髙田郁『あきない世傳 金と銀(6) 本流篇』

室町時代の本ばかり読んでるけど、あきない世傳の新しい刊も読まねばならぬので江戸時代へ。  

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あきない世傳 金と銀(六) 本流篇 [ 高田郁 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

楽天で購入

 

 

五鈴屋のある大阪天満周辺の地図を思い浮かべて、リアル大阪と交差させて楽しく読んでたけど(時々登場人物と時代を超えて地図上ですれ違うのが楽しい)、今回は江戸店出店までの話。江戸の地図も好き。捕物帳の親分も居酒屋の女主人も、いろんな江戸小説の地図に五鈴屋江戸店も加わるという、なんという贅沢!


みおつくしみたいに、御膳奉行の小野寺(やはり妄想上も森山未來)的な役割のキャラがいるといいのになーと思います。幸があまりに主人公すぎて、前の巻で智蔵が死んでたのを忘れてたよ……


読みやすいのですぐ読めてしまい、なんで東山文化の本にあんなに時間がかかってるのかわからないー

義経公ゆかりの鞍馬寺と応仁の乱勃発の地・上御霊神社へ行きました

源義経好きの長女の前からの希望で鞍馬寺へ行ってきました。冬から言ってて、もうすこしあったかくなったらにしようーということでようやく決行。暑くもなく寒くもなく、ちょうどいいお天気。


鞍馬寺到着。狛犬ではなく阿吽の虎が迎えてくれます。立派!家人はむかしむかし来たことがあるそうだけど、私も子どもたちと同じく来るのははじめて。


f:id:chim:20190519084615j:plain


石段をのぼります。


f:id:chim:20190519085202j:plain
f:id:chim:20190519091112j:plain



源義経の供養塔。牛若丸が住んでいた東光坊の跡に建てられているそうです。長女胸アツ。


f:id:chim:20190519090300j:plain



えっちらおっちら登って、本殿金堂到着。毘沙門天、千手観音、護法魔王尊の三尊が祭られています。


f:id:chim:20190519094948j:plain


その本殿金堂前にあるのが京都最強パワースポット「六芒星」。私踏んでるけど、この三角を踏むのはダメだったらしいです。えー


f:id:chim:20190519095103j:plain


振り返って霞がかった向こうの山は比叡山


f:id:chim:20190519094957j:plain


本殿金堂でいただいた御朱印。「尊天(そんてん)」と書かれています。


f:id:chim:20190519094845j:plain


もうちょっと奥まで行って背比べ石とかも見てみかたかったけど、次女がおなかいたいとか言い出したのでここまで。しかし走って下山する次女。


f:id:chim:20190519100016j:plain


門前前にある喫茶でおやつのぜんざい。次女完食。おなかは。


f:id:chim:20190519102814j:plain




せっかく京都に来たので私の(家人も)胸アツなスポット、応仁の乱勃発の地・上御霊神社へ。畠山氏の家督相続争い、畠山義就山名宗全指示)vs畠山政長細川勝元支持)です。


f:id:chim:20190519111820j:plain


応仁の乱石碑はこちらです、に吸い寄せられます。


f:id:chim:20190519111912j:plain


石碑!


f:id:chim:20190519111951j:plain


なんとこの石碑、東軍ゆかりの細川護煕元首相が揮毫(きごう)してました。細川勝元の末裔で、細川忠興から数えると第18代目細川家当主。おお。


f:id:chim:20190519112140j:plain
f:id:chim:20190519112106j:plain


上御霊神社御朱印は直に書いてもらう形式でなく、ただいま令和元年期間限定のカラフル御朱印。日付だけ書き加えてもらいました。初カラー。


f:id:chim:20190519112945j:plain



ところで、遅々として進まなかった呉座勇一『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』は、応仁の乱がはじまってからはわりとするする読めました。もうほんとにみんな言うこと聞かないの。そりゃ将軍もいやになるよ……


chim.hatenablog.com



呉座先生監修の集英社版学習まんが『日本の歴史 7 武士の成長と室町文化』。誰向け?小学生?というくらい内容がハイレベル。細かすぎる。



ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』から応仁の乱周辺へ

ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』から室町時代へいざなわれております。






そもそも室町時代について中学生くらいの知識しかなかったところへ、この『新九郎、奔る!』の細かい人間関係が素直におもしろくて、応仁の乱について知識を深めようと、ただいま猛烈な室町時代および応仁の乱(周辺)ブーム。足利歴代将軍が名前だけでなく特徴づけて思い浮かべられる楽しさ。応仁の乱の混沌さも、終結後に火種がちらばったままなのも、調べることが多すぎて横道に脱線しすぎるのもわくわくします。

あー京都で応仁の乱関連の地をめぐりたい……


応仁の乱といえばこれを読まねばと思い、呉座勇一のベストセラー書『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 』。いろいろ並行しながら読んでて、おもしろいけどなかなか読み進まず、まだ応仁の乱に入ってないという…… これを読み切ればどんな応仁の乱の文献でもすいすい読み切れると思われます。






河合正治足利義政と東山文化』は呉座勇一にくらべるとだいぶ読みやすい。






ムック本『図解応仁の乱』。ざっくりしてます。ムック本くらいになると『新九郎、奔る!』のほうが圧倒的に情報量が多い。






子どもにも布教中。『小学館版 学習まんが はじめての日本の歴史 6 室町幕府と民衆』。一冊にまとまってるので内容的にはぎゅうぎゅう。要点をきちんと描いていてなかなかよかったです。ただはじめて室町時代に触れる子どもがこれをおもしろいと思えるのかわかりません。






歴史に弱い私の教科書『詳説日本史研究 』。概要なので掘り下げているわけではないけど、流れをつかむのによいです。高校から日本史を選択しなかった私から見ると、太字で書かれているような言葉も知らないことが多いです。勉強勉強。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

詳説日本史研究 [ 佐藤信 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2019/5/6時点)


竜ヶ岩洞と徳川美術館『特別展 徳川将軍ゆかりの名刀』と中之島香雪美術館『特別展 「明恵の夢と高山寺」』の鳥獣戯画

GW中のちょっとしたおでかけ。


静岡県にある竜ヶ岩洞。鍾乳洞です。鍾乳洞はかなり美しくておもしろいのに鍾乳洞周辺のB級ぶりも別の意味でおもしろい。私は小さい頃に行ったことあるらしいけどおぼえてなかったー 


f:id:chim:20190501104123j:plain



名古屋の徳川美術館。現在『特別展 徳川将軍ゆかりの名刀』を開催中。


f:id:chim:20190502110403j:plain


とくびぐみそろいぶみ期間という刀剣乱舞に関係する刀展で、子どもたちが熱くなっておりました。現在、本作長義(山姥切長義)、南泉一文字、物吉貞宗、後藤藤四郎、鯰尾藤四郎が展示されています。本作長義を最前列で見るのに90分待ち、京のかたな展の三日月宗近ばりの人気。本作長義は男らしく美しい存在感のある刀でした。90分も待ってられないので2列目から熱心に見ておりました。他の刀も相当な人気で刀剣人気冷めやらずな感じでした。刀剣以外の展示もなかなかおもしろそうだったのだけど、子どもたちにお付き合いしていたためゆっくり見れず、機会があればまたゆっくり見たいところ。


f:id:chim:20190502150222j:plain



大阪の中之島香雪美術館。現在『特別展 「明恵の夢と高山寺」』を開催中。


www.kosetsu-museum.or.jp


国宝「鳥獣戯画」を展示をしています。全4巻中、前期は1-2巻、後期は3-4巻。はじめて「鳥獣戯画」を目の前で見てちょっと感激。鳥獣戯画もいいけど、白い鹿を描いた春日鹿曼荼羅も、おーこれがーと感心したり、地獄の絵もおもしろったし、いま室町時代の本を読んでいるせいで、足利6代将軍・義教の花押に胸が熱くなったりしてました。中之島香雪美術館は規模的にも見やすくてよいと思います。


長いと思っていたGWもあっという間に終わりそうです。明日は衣替えをしなくては……

『伝承 日本の刀剣展〜平安から現代まで〜』@阪急百貨店 で堀川国広や燭台切光忠を見てきました

昨日知った刀剣展。子どもたちが行きたいかなーと思って伝えると行きたい行きたいというので、家人休日出勤のため、長女と次女と私と3人で朝からうめだ阪急へ。


f:id:chim:20190421100601j:plain


『伝承 日本の刀剣展』は会期がたったの6日間。週末は混むかなーと思ったけど、行ったり来たりできる程度の人混みで、堀川国広や燭台切光忠、村正とかちょっとびっくりするような名刀が展示されていて、無料で見るには内容的にたいへん贅沢なものでした。阪急すごいー。


www.lmaga.jp


個人的に長光が美しかった。あ、聞いたことあるーという名前の刀剣がずらずら並んでて、もっとも詳しい長女にいちいち解説してもらってたのでした。