地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と11歳と8歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


魅惑のスパイスカレー

クローズアップ現代+情熱大陸などなどテレビでスパイスカレーを特集していたのを年末から見ていて、ふつふつとスパイスカレー食べたい欲が盛り上がり、スパイスカレーを食べに行ってみました。盛り上がり中に行くっていい。


細野晴臣山下達郎がお好きな店主のお店。BGMも壁もお店全体が細野晴臣山下達郎でおもしろい。カウンターしかないスパイスカレーのお店に子連れで入れるようになってうれしい。


期待のスパイスカレー。子どもたちはチキンカレー。長女は気に入ってがつがつ食べてました。次女はちょっと辛かった模様。


20190112131912



家人と私はあいがけカレー。おいしい!


20190112132327



人気の旧ヤム邸みたいな辛すぎるスパイスカレーを想像したら(大阪でも並ぶけど下北沢で大人気と例のテレビで最近知りました。下北沢で人気てなんかわかる!)、ここのスパイスカレーはマイルドでとても食べやすくておいしかった。さらに具材ゴロゴロでお手頃価格。ひっきりなしにお客さんが来るのもうなずけます。また行きたいなー

ゲイリー・ポールセン『ひとりぼっちの不時着』と森川成美『さよ 十二歳の刺客』

ひとりぼっちの不時着 (海外児童文学シリーズ)

ひとりぼっちの不時着 (海外児童文学シリーズ)

ここはどこなんだろう―おなかがすいて死にそうなのに、食べ物はなにもない。マッチがないから、火もおこせない。森にはオオカミやクマだっているだろう…。両親の離婚後のはじめての夏、小型飛行機で父親のもとへ向かうとちゅう、思いがけない事故で、少年はひとりカナダの森林に不時着した。たったひとつ残された道具―手おのと、自分自身をたよりに、大自然のなかで“生きる”ことを学び、たくましく成長していく少年の冒険をえがく。ニューベリー賞銀賞受賞。小学上級から。


アンドリュー・クレメンツ 『ぼくたち負け組クラブ』のなかに出てくるゲイリー・ポールセン『ひとりぼっちの不時着』を読んでみました。『ぼくたち負け組クラブ』と同じく児童文学枠。長女はまだ読んでません。


chim.hatenablog.com


思いがけず力のある文章で、これがなかなか引き込まれました。前を向いて工夫しながら生き延びたサバイバル生活。こういう話をぐっと読み切れる小学生もなかなかだと思います。



森川成美『さよ 十二歳の刺客』もそもそもは長女用。


さよ 十二歳の刺客 (くもんの児童文学)

さよ 十二歳の刺客 (くもんの児童文学)


生き残った平家の娘から見た源義経像。物語も読みやすくてよかったけれど、私は断然平維盛に興味深々。平維盛といえば富士川の合戦の敗北ばかりクローズアップされるけれど、読んでいくうちにさよの父親・維盛の人生が知りたくなりました。



で、私がいま読んでるのは『平維盛物語』。しりとりで読書。ていうか『平維盛物語』てしぶいわー私。


平維盛物語

平維盛物語

あけましておめでとうございます と インスタ映え野菜ジュース

あけましておめでとうございます。
甥姪のなかで今年受験するのは2人。ふたりとも大学受験です。万時うまくいきますように。


食べすぎ年末年始に、なんとなく野菜ジュースで調整してみようという気分に。人参をはじめとするこんなたくさんの野菜が……




インスタ映え野菜ジュースに。500mlボトル入り。




しっかり野菜の味がしていい感じです。美肌効果に期待。

インスタ映えクレープ

もちもちのチョコ生地にうまうまチョコアイスのインスタ映えクレープ。これは人生の中でいちばんおいしいクレープに認定。子どもたちとシェアするくらいのがっつりしたサイズ感もすばらしい。


小5長女:読書事情 アンドリュー・クレメンツ 『ぼくたち負け組クラブ』

最近はひたすら武将関連の本しか読んでなかった長女にあたらしい風。アンドリュー・クレメンツ 『ぼくたち負け組クラブ』を、どこからかおもしろいと聞いてきて、すっかりハマって読んでました。



内容紹介
本が大好きで、空想の世界に浸ってばかりのアレックは6年生。読書クラブを作ろうと思い立ちますが、誰にも邪魔されずに本を読みたいため、ヘンな名前をつけます。「負け組クラブ」とすれば、みんな入りたくなくなると考えたのです。しかし、どんどん仲間が増えてきてしまい、アレックの心にも変化が起きはじめます。知っている書名もたくさん出てきて、仲間とのわくわくする物語を楽しめます。


読書メーターでのコメントもなかなかおもしろそうだったので私も読んでみたら、これは良い児童書。おもしろいです。本好きの子どもの話なのでちらちら本のタイトルや引用がたくさん出てくるのですが、レイ・ブラッドベリ華氏451度』なんかも出てきます。小学生でもブラッドベリとか、読める子は読むんだろーなー。トリュフォーの映画で見た気がするけど、どんな映画だっけと思うくらいの記憶の薄さ。お恥ずかしい…… 『ぼくたち負け組クラブ』を読み終わり、長女と、次はゲイリー・ポールセン『ひとりぼっちの不時着』が読みたいねー、と一致。次につながるような広がりのある本は楽しいよね。

秋の奈良:三條小鍛冶宗近本店と東大寺

三連休にちょこっと奈良へ。京都に負けず劣らず外国の観光客の多いこと。


鹿いい。鹿せんべいをあげて鹿とたわむれて、長女は鹿にかじられてよろこんでました。次女は鹿においかけられていました。




紅葉もきれい。




名前からし三条通りにあるのかと思ってたら東大寺の東のほうにある三條小鍛冶宗近本店(http://www.sanjyokokajimunechika.com/)。長女が、小学校の遠足のときに通りがかったけど外から見ただけだったからという理由で来てみました。主に包丁屋さんです。




東大寺。どーん。




大仏。どーん。




長女と次女と私は柱くぐり。柱くぐり、長女と私は体を横にしないと抜けられないくらいの穴の幅です。願い事を思い浮かべるのを忘れました。




大仏殿で御朱印。「華厳」と書かれています。




京都奈良と観光の11月。

秋の京都(宇治):世界遺産 平等院と萬福寺

今週末は関西文化の日で、関西2府8県内の美術館や博物館の約630施設の入館が無料という日。


で、どこかに行こうかーと話し合った結果、子どもたちが頼政のお墓のある平等院と、七福神の最後の御朱印がいただける布袋尊萬福寺に行きたいという話になって、関西文化の日とはほぼ関係ない、平等院萬福寺へ行ってまいりました。


いい天気。平等院は朝からすごいひとでした。うつくしい。極楽浄土。




平等院の境内にある、頼政切腹した地という扇の芝。以仁王源頼政が打倒平氏のための挙兵し、その以仁王頼政が敗死したのが宇治平等院の戦いです。




平等院でいただける御朱印。かっこいい。




平等院の敷地内にある最勝院の源頼政のお墓。




最勝院でいただける不動明王御朱印




平等院を出て、中村藤吉 宇治本店(https://www.tokichi.jp/stores/)で甘いものを食べようと思ったら、午前中にしてカフェの待ち時間なんと90分待ち。えー。あきらめて売店のほうで抹茶ゼリイとほうじ茶ゼリイを購入。道ばたで食べたけどおいしかったー




次は萬福寺七福神最期の布袋尊御朱印を年内にいただかなくては、という使命感。


chim.hatenablog.com



予想よりも相当立派で広大な敷地のお寺。




布袋尊御朱印。京都・七福神集まったー




紅葉途中の宇治。こちらもきれいでした。


マルコリーニと緒方洪庵先生とイルミネーション

ピエールマルコリーニのエクレアをたいへんおいしくいただいた日。なんと濃厚なチョコ!これはおいしい。自宅にある2Lの業務用チョコアイスより高いピエールマルコリーニのエクレア一個。


緒方洪庵先生の銅像を見ると「JIN -仁-」の緒方洪庵先生を思い出します。銅像の洪庵先生とマンガの洪庵先生がそっくりすぎる。




御堂筋のイルミネーション。ぼんやりイルミネーションを見るのもなかなかよいです。画像がないけど、三井住友銀行大阪本店ビルのライトアップがきれいで好き。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JIN-仁ー(1) (集英社文庫) [ 村上もとか ]
価格:668円(税込、送料無料) (2018/11/16時点)

楽天で購入

再訪:『特別展 京のかたな-匠のわざと雅のこころ ― 』@京都国立博物館 豊国神社と粟田神社にも行ってきました

京都国立博物館『特別展 京のかたな-匠のわざと雅のこころ ― 』の盛り上がりがすごいなー。子どもたちの強い希望を受けて、9月末に前期を見に行って、入れ替え後の後期を本日見に行きました。


chim.hatenablog.com


前回も人出はすごかったけど、今回はこれまたすごい。ようやくチケット売り場にたどり着いたと思ったら会場するのに1時間、三日月宗近を最前列で見るのに50分、前回はそういう待ち時間はなかったのでびっくり。しかし会場に入るまでにトラりん(https://www.kyohaku.go.jp/jp/torarin/)と記念撮影。トラりんも「刀剣男子」Tシャツを着て盛り上げに一役!




今回子どもたちは『刀剣乱舞-ONLINE-』の音声ガイド付きというスペシャル仕様。骨喰藤四郎と信濃藤四郎と鯰尾藤四郎目当てに、粟田口派のエリアでは最前列でばっちり見てきました。骨喰藤四郎の倶利伽羅龍に感動する長女……


見終わったあとは、骨喰藤四郎ゆかりの豊国神社へ。




豊国神社ノリノリ。




豊国神社でいただいた御朱印




三日月宗近一期一振のゆかりの地という粟田神社。三条宗近や粟田口吉光がこの地に住んでいました。




本殿の手前にある鍛冶神社はちいさいけれど、三条宗近と粟田口吉光が祀られているこれまたスペシャルな神社。粟田神社でいただいた御朱印




刀剣つながりで行ったことのない神社をめぐるというご縁が楽しいなー


ただいま長女と交代で読んでいる『日本刀と武士 その知られざる驚きの刃生』という本がおもしろいです。刀剣の短編物語は前もほかの本を読んだけど楽しいです。しかし表紙がしぶすぎる。