地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『恋人たちのメロディー(Smic,Smac,Smoc)』(クロード・ルルーシュ/1971/フランス)

再見。フランシス・レイが盲目のミュージシャンとして、シモーヌ・シニョレの娘カトリーヌ・アレグレ(母娘ともシーズーぽい)がヒロインとして出演。フランシス・レイが自身の「白い恋人たち」「男と女」なんかをアコーディオンで披露。ノーテンキな登場人物しかいないクロード・ルルーシュのお遊び的作品でそれがなんだかとてもフランスぽい。