地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


里中満智子『長屋王残照記』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長屋王残照記(2) [ 里中満智子 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/5/5時点)



めっちゃおもしろいです。里中満智子の日本古代史がおもしろすぎてたぶん自分史上はじめて日本古代史の興味が上昇中。口分田なつかしい。三世一身の法から墾田永年私財法の流れの公地公民の崩壊も、こんな楽しい気持ちで読んだことないわー。小学生か中学生の時に…!と思うものの、いま読んでるからよけいおもしろいのかもしれません。そもそも私、里中満智子をまともに読んでるのは先日ようやく22巻目まで読んだ『天上の虹』からな気がします。


長屋王残照記』は『天上の虹-持統天皇物語』を補完する関連作品。天武天皇の長男・高市皇子。その高市皇子御名部皇女の間に生まれたのが長屋王。父・高市皇子譲りで、誠実に生きる長屋王にふりかかる悲劇の物語。泣けます。


『天上の虹-持統天皇物語』後の物語ゆえに、氷高皇女の元正天皇姿や首皇子聖武天皇姿が見れるのは読者として盛り上がります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天上の虹(22) [ 里中満智子 ]
価格:534円(税込、送料無料) (2017/5/5時点)