地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


里中満智子『天上の虹「持統天皇物語」』21巻まで

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天上の虹(21) [ 里中満智子 ]
価格:493円(税込、送料無料) (2017/4/13時点)



里中満智子のライフワーク、1983年(昭和58年)連載開始で2015年(平成27年)23巻で完結した『天上の虹』。21巻までくると持統天皇の晩年に入っております。大津皇子の息子、多野安麻呂の復讐劇。安宿(光明皇后)、首(聖武天皇)の誕生。持統天皇いいなーおもしろい。23巻のラストまであと少し、なのに図書館で借りているため予約件数がなかなかすごくてラストまでの先が長そう。