読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と8歳と5歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


Lilypie Kids Birthday tickers Lilypie Kids Birthday tickers

潮漫画文庫版 横山光輝『三国志』読み終わりました

chim.hatenablog.com


横山光輝三国志』潮漫画文庫版全30巻、読み終わりました。終盤、勇猛たちは老いにより精彩を欠き、孔明亡きあとの蜀の衰退ぶり、滅亡に向かう様相が切なく悲しすぎます。


志なかばで天命が尽きることを悟った孔明が「人生とは短いものよのう あの蒼空 極はいずこであろうのう」とつぶやく姿に涙。生きる時代が違ったらもっと英雄になれた、孔明から呉の将来を託された姜維の最期も悲しい。


劉備の息子・皇帝劉禅は、魏の司馬昭と宴席で同席した際に「ここは楽しい 蜀が恋しいとは思いませぬ」と言い放ち一同唖然とさせ、最後まで暗愚な皇帝であったものの、劉禅の息子・劉諶は有能ゆえ降伏のときに憤死。


横山光輝三国志』は孔明死後の蜀滅亡までを描いています。おもしろかったなー


三国志(全30巻セット) [ 横山光輝 ]

三国志(全30巻セット) [ 横山光輝 ]
価格:20,995円(税込、送料込)



マンガには出てこないけど、文才でも名高かった曹操の短歌行も泣けます。

 對酒當歌  酒に對して当に歌ふべし
 人生幾何  人生 幾何ぞ
 譬如朝露  譬ゆるに朝露の如し
 去日苦多  去る日は苦だ多し
 慨當以慷  慨して当に以て慷すべし
 幽思難忘  幽思 忘れ難し
 何以解憂  何を以てか憂ひを解かん
 惟有杜康  惟だ杜康有るのみ


酒を前にして歌おうではないか、人生など短いもの、たとえば朝露の如く、日月は速やかに過ぎ去る、慷慨して鬱憤を晴らそうとするが、心にわだかまった思いは忘れようもない、どうしたらこの憂いを解くことができようか、ただ酒があるのみだ(杜康:酒を発明した伝説上の人物、転じて酒の異称)


 青青子衿  青青たる子が衿
 悠悠我心  悠悠たる我が心
 但爲君故  但だ君が為の故に
 沈吟至今  沈吟して今に至る
 幼幼鹿鳴  幼幼と鹿は鳴き
 食野之苹  野の苹を食う
 我有嘉賓  我に嘉賓有らば
 鼓瑟吹笙  瑟を鼓し 笙を吹かん


青い襟の学生諸君よ、私の心は悠々として、君たちを待ち望みながら、これまで沈吟してきたのだ、鹿は幼幼と鳴きながら、野の苹を食う、そのように私によき賓客があるならば、瑟を鼓し笙を吹いてもてなそう


 明明如月  明明たること月の如きも
 何時可採  何れの時にか採るべき
 憂從中來  憂ひは中より来たり
 不可斷絶  断絶すべからず
 越陌度阡  陌を越え 阡を度り
 枉用相存  枉げて用って相存す
 契闊談讌  契闊 談讌して
 心念舊恩  心に旧恩を念う


月の光は明るく照らすが、それを手にすることはできぬ、憂いが心中から沸き起こって、断ち切ることができぬ、だが君は陌を越え阡を度り遠路はるばるやってきてくれた、久しぶりに談笑して、昔の誼をあたため直そう


 月明星稀  月明らかに星稀に
 烏鵲南飛  烏鵲 南に飛ぶ
 繞樹三匝  樹を繞ること三匝
 何枝可依  何れの枝にか依るべき
 山不厭高  山は高きを厭はず
 海不厭深  海は深きを厭はず
 周公吐哺  周公は哺を吐きて
 天下歸心  天下心を帰したり


月明らかに星稀な夜、烏鵲が南に飛ぼうとして、木を三度まわり、どの枝に止まろうかと迷っている、山は高いほどよく、海は深いほどよい、周公は食べかけのものを吐き出して客人を向かえ、人々もその意気に感じたというではないか


5歳ハムコもおかーさんが三国志をめっちゃ読んでることを知ってて、ちょうどテレビ妖怪ウォッチで(ゲームと連動させて)妖怪三国志もはじまって「おかーさん、ジバニャンがりゅうびだよーフユニャンはそうそうだってー」と喜んでました。2年生ミニチムも孫策孫権が兄弟だからコマさんとコマじろうなんだと分かってました。やるな。なんとなく分かればより楽しいよねー 子どもたちもいつか横山光輝読むのかしら(大人になると時間がないので若いうちに読むといいと思う)。