地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


土曜日のお見舞いなど


土曜日の午前中は保育園の行事で、そのあとお昼ご飯を車のなかでとりながら愛知県の実家へ。心筋梗塞の一歩手前の狭心症で父が金曜日に手術をしたからで、しかし翌日退院できるステント治療という医療技術てすごいね。不安要素はまだまだあるけれど、とりあえず顔色も良くて一安心。むしろ脊柱管狭窄症を患う母のほうが具合が悪そうで心配。ふたりとものんびり暮らしてなんとか元気でいてほしいと切に願います。


滞在時間2時間ほどで大阪にとんぼ返り。帰宅は夜12時近くになっていて、なかなかのハードコアな土曜日。みんなでお見舞いに行こうと提案してくれてほとんど運転してくれた家人に感謝。