地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『食堂かたつむり』(富永まい/2010)


鈴木志保の漫画のすてきなイメージのみで観賞。(原作小説は未読)


なぜかミシェル・ゴンドリー風?『ブタがいた教室』の終着地点だったり、『夏の庭』のZARDを彷彿とさせる、なぜそこでポルノグラフティ…という、なんだかいろんな映画を思い出させる映画でした。『しあわせのパン』の評価が上がるー。


【送料無料】食堂かたつむり [ 鈴木志保 ]

【送料無料】食堂かたつむり [ 鈴木志保 ]
価格:683円(税込、送料込)

【送料無料】食堂かたつむり [ 小川糸 ]

【送料無料】食堂かたつむり [ 小川糸 ]
価格:588円(税込、送料込)