地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『フォックスファイア 少女たちの告白(Foxfire, confessions d'un gang de filles)』(ローラン・カンテ/2012/フランス、カナダ)


FOXFIRE, CONFESSIONS D'UN GANG DE FILLES ...


1950年代アメリカを舞台に、少女たちが次第にカルト的な集団になっていくという青春群像劇。


その少女たちのカリスマリーダー・レッグス演じるレイヴン・アダムソンという女優さんがいかにも少女の時期に女子受けするボーイッシュな女の子で世界各国どこでもいっしょだなーなんて思いました。しかし144分は長い。