地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『ベジャール、そしてバレエはつづく(Le Coeur et Courage,Bejart Ballet Lausanne)』(アランチャ・アギーレ/2009/スペイン)


2007年11月22日に亡くなったモーリス・ベジャール。そのベジャールの遺志を受け継ぐソリストでもあるジル・ロマンのこのバレエ団の未来を模索し挑戦する様子を撮った作品。モダンバレエは見ていくたびに面白くなる気がします。ダンサーの動きひとつひとつが面白くて楽しい。山岸凉子アラベスク」が頭をチラチラしながら見てました。バレエいいなー!