地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


こうの史代『ぼおるぺん古事記』『さんさん録』

こうの史代ぼおるぺん古事記』。全3巻。すべて手書き&古事記の原文のまま掲載するという、野心作すぎて良いです。作者による注釈もまたおもしろい。こんなマンガ他にない。こうの史代すごいなー


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼおるぺん古事記(1(天の巻)) [ こうの史代 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/21時点)



heibonサイトで内容見られます。

webheibon.jp



こうの史代をもうひとつ。『さんさん録』は妻を亡くしたじいさんが主人公のたいへん地味な作品。この地に足の着いた静かな日常感、地味さが好き。味わい深い。中身はしっかりこうの史代。全2巻です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さんさん録(1) [ こうの史代 ]
価格:781円(税込、送料無料) (2016/10/21時点)