地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『美しい絵の崩壊(Two Mothers)』(アンヌ・フォンテーヌ/2013/オーストラリア、フランス)


これは

中年女性の

夢……?

(以上)


とポエム的に書きたくなる映画でした。ナオミ・ワッツロビン・ライトという美しい(かつ自然に歳をとった)40代女性がそれぞれのこれまた肉体派でうつくしい息子たち(相手は本物の息子ではない)と情事を重ねるという夢物語。