地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


小学1年生の読書:伝記

学校の図書館やいきいきの教室に置いてあるマンガの伝記を読んでミニチム静かに伝記ブーム。キュリー夫人エジソンが特に好きらしく、キュリー夫人は青い妖精(=ラジウム)を見たらしい、とか、エジソンが2回目に結婚した日はいつだと思う?とか豆知識を披露するのがおもしろいです。そういう豆知識好きよ。


今度はマンガじゃなくて小説の伝記が読みたいなーという言葉に乗っかって、マンガで知っているらしいアンネ・フランクの小説版伝記(青い鳥文庫)を買ってみました。




パラパラと読んでるけど、やっぱりまだ早すぎた。内容的にもわりとむずかしいのですぐに止まってしまってあんまり読み進められてません。


マンガはもはや家にあるものならほとんど読むようになりました。いまは『3月のライオン』が好きらしく繰り返し繰り返し読んでます。繰り返しというか、1から10まで読んだあと好きな巻をバラバラで繰り返し読んでいくという自由さ。子どもの頃てこういう読み方したっけー?ひとによる?