地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


1年生なつやすみのどくしょ

いきいきにも本はあるけれど、自分の本も持っていくということで(持って行かなくてもいいのかもだけど真相はよくわからず)1年生ミニチムなつやすみの本。


私につきあって毎日「花子とアン」を見ていたので『王子とこじき』読んでみる?と言ったら読む!とのことで『王子とこじき』。村岡花子訳じゃないことは伝えず……


王子とこじき (子どものための世界文学の森 6)

王子とこじき (子どものための世界文学の森 6)



案外楽しく読めたようなので同じ子どものための世界文学の森シリーズから『オズのまほうつかい』。2日で読み終わってたのでおもしろかったようです。


オズのまほうつかい (子どものための世界文学の森 14)

オズのまほうつかい (子どものための世界文学の森 14)



さらに同じシリーズから冒険モノがいいというミニチムリクエストで『たから島』。ただいま半分くらい読んでるところでこれもなかなかおもしろいようです。


たから島 (子どものための世界文学の森 2)

たから島 (子どものための世界文学の森 2)



いちいち感想は聞かずちょっと誘導しながらミニチムが読みたい本を読ませて、ミニチムが読み終わったあとに私が読んでぼんやり感想を言ってると、知ってるーそれねーみたいな感じで会話するのは私もわりと楽しいです。


現在の私は正直ぜんぜん本を読めてないんだけど、活字でもマンガでも本はいろいろ読んでみるといいよーと思います。