地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『月世界旅行 カラー復刻版(Le Voyage dans la Lune)』(ジョルジュ・メリエス/1902/フランス)



映画史上初のSFと呼ばれるサイレント作品。誰もが見たことがある月の顔にロケットが突き刺さってるワンシーン。白黒版はいつか見たことがあったけど、カラー版(カラーといってもフィルムに直接着色するというカラー)ははじめて。1993年にカラーフィルムが発見、修復され2011年にリバイバル上映。


ひさしぶりに見たけど、わくわくして美しくて楽しい映画。しかもカラー!フランスのエレクトロ・デュオAIRが全編に音楽をつけているんだけど、思いがけず新鮮でおしゃれな月世界旅行が見られておもしろかったです。サイレント映画にありがちなピアノの独奏をつけたりしない!