地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


ミニチムバレンタインではじめてチョコをあげる



3歳10ヶ月のバレンタイン。「女の子が男の子にチョコを渡す日」という趣旨を保育園で覚えてきてミニチムお気に入りの同じクラスの男の子に渡すことに。前日いっしょにチョコチップクッキーを焼きました。土台までは私が、型ぬきとチョコやアーモンドの飾りつけはミニチム担当。


「○○○くんのことすきだもん」というラブレターまでつけてかなり気持ち重ためなはじめてのバレンタイン。「チョコはこっそりロッカーに入れておくんだよ」と教えて男の子の保育園ロッカーに忍ばせました(ママには連絡済)。あげた男の子のママから夜、男の子がミニチムクッキー食べてる写メもらったのでミニチムに見せたら照れてんの!なにそれー




おとうさん(家人)にはスペシャル版のチョコケーキ。



またも私が土台を作り




ミニチムがデコレーション。本人クマを書こうとしたらしいのだけどアートな感じに仕上がりました。チョコペンてむずかしいね。




箱にメッセージ。


「おとう
さん
だいすき」


おとうさん喜んでくれてよかったね。