地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


お花見と立っち

フォローアップミルクて必要?フォローアップミルクの位置づけがよくわからないまま飲ませずもうすぐ1歳になっちゃうけど・・・

MさんとMさんの娘ちゃん(1歳半)とお昼から公園で待ち合わせてお散歩&お花見。金曜日だから近所の会社員さんたちが今夜夜桜宴会するらしく、ブルーシートをとられないように(ゆとりとみどり振興局の人たちが人がいないと勧告の張り紙→撤去するみたい)ごろごろしてたり缶ビール用意したり椅子やテーブルのセットしたりバーベキューのグリル用意したり昼寝したり。ちょうどとってもきれいな満開の桜の木の下にあるどこかの会社のブルーシートに4/4 17時から、と張り紙があって誰もいなかったので(4/2付で撤去勧告の張り紙があるくらいだから来ないだろうと思って)ちょっと拝借して子どもたちを放牧。ブルーシートだらけなので土まみれにならないよー。いい場所でみんなでおやつ食べつつお花見満喫。

写真は自由に遊ぶMさんの娘ちゃんをあこがれの眼差しで見つめるミニチム。

そしてMさんの娘ちゃんが自由にあんよしてる姿に刺激されたのかミニチム初立っち!手を離してひとりで立てたの初めて。3秒くらいだけどまぐれではなく何度も3秒くらい立ってた。立っちて感激するねー!(みんなが感激してたのがよく分かる)