地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『オドレイ・トトゥ in ハッピーエンド(Nowhere to Go But Up)』(アモス・コレック/2003/アメリカ、フランス、ドイツ)

なんというか、あまりにどうでもいい駄作。