地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


心斎橋『南翔饅頭店』と新町(西区)『baR pappA(バールパッパ)』

家人とミニチムと一緒に心斎橋筋を歩いていたら『南翔饅頭店』を発見。大阪に出来てたの知らなかった。六本木ヒルズに続く2号店なのね(梅田や福岡にある同名店は系列が違うみたい)。ランチタイムでもあったので早速入る。『南翔饅頭店』は上海の老舗小龍包専門店。上海に行ったときにここで食べ過ぎて(家人はもっと食べたんだけど)小龍包嫌いになったという情けないいわくつき。すごくおいしかったんだけどほんとに食べ過ぎのせい。でも現地の人の食べっぷりは尋常ではないくらいすごかった。

小籠包6個ときざみ生姜、醤油味の干しきり大根、ジャスミン茶という組み合わせ。味のほうはおいしいけど日本向け繊細な味。上海で食べたようながっつりパンチのある感じではなく優しいお味。でもおいしい。小龍包を避けてきたので実に上海以来。南翔饅頭店で小籠包が苦手になり再び南翔饅頭店で食べられるようになった。小籠包はきっと5個くらいがちょうどいい。また来たい。


ぶらぶら歩いてのどが渇いたので帰宅する前にトラットリアパッパの隣にあるバールパッパでお茶。家人はギネス。今日はスウィーツなしだけどスウィーツも安い。ベビーカーだとせまい店内はきびしいので外。もうちょっと涼しくなったらとってもいい場所。