地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『河内カルメン』(鈴木清順/1966/日活)

『殺しの烙印』なんかと較べると、この映画はちょっと狂ってるけど大体まともで軽快に話が進んでいくので見やすい。田舎娘が女としてどんどんのし上がっていくエネルギーあふれるストーリー。こういう雰囲気を作り出せるだけでも魅力的。鈴木清順は野性味があってガッツもあってかつキュートな女性を見つけてくるのが上手なのかも。野川由美子がいい。

河内カルメン [DVD]

河内カルメン [DVD]