地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『冬の猿(Un Singe en Hiver)』(アンリ・ヴェルヌイユ/1962/フランス)

当時29歳のジャン=ポール・ベルモンドと56歳のジャン・ギャバンの共演。監督は『地下室のメロディー』なんかを撮ったアンリ・ヴェルヌイユ。冬になるとはぐれた猿が人里にやってくるという中国のお話を重ね合わせながら、思い出に生きたいふたりのダメ男を描く。カッコいいといえばカッコいいけど映画に感情移入はできない。

冬の猿 [DVD]

冬の猿 [DVD]