地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


ヒトはむきだしのままで生きるのがこわいから、

きれいなものを着て、いい匂いの液体をふりかけるのだ。ああ、この世は夢でないのが残念だ。

そういえば先日家人がテレビの前でごそごそしていたので「なにやってるの?」と声をかけると「なんでもないよー」といいつつ録画予約をしている様子。「なに録画するのー?」と聞くと「なんでもないってばー」と教えてくれない。面白がって追求すると『交響詩篇 エウレカセブン』の予約をしたかったらしい。バレたらバレたでこのアニメがなぜ見たいかを熱っぽく語ってくれた。電車男のオープニング→ダイコンフィルム→ミサイル→板野サーカス、とかそんな感じの繋がりらしい。電車男の1話目で「エルメスのララァ」という言葉が出てきて即座に「エルメスて使っていいの?たしかエルメスてすごく厳しいはずだよ。それにララァのエルメスていうのはほんとは違って正式名称はララァ専用モビルアーマーて言うんだよ」と教えてくれたときはさすがに私も思わずかける言葉がなかった。どきどきした。

隣で少しだけ『交響詩篇 エウレカセブン』を見たんだけど、なんかいろんなアニメの融合みたいででも下地はエヴァンゲリオンみたいだった。話分からないまま見てたからかな。家人には「アートアニメばかりじゃなく普通のアニメも見なさい」と言われた。カントク君が家にいる!

実家からおばあちゃんの家のスイカを大玉1コ届けてもらう。わーい。うれしい。スイカ大好き!

心斎橋の御堂筋沿いにある SOLVIVA にパンを買いに。カフェ併設のここの店舗ははじめて行く。しかしここは店員のおねえさんたちが SOLVIVA 史上かつてない態度の悪さ。SOLVIVA のイメージは悪くないのにもったいない。食パンはお持ち帰り、おやつパンはおいしくいただいて帰宅。