地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


2007-03-02から1日間の記事一覧

金井美恵子『目白雑録〈2〉―ひびのあれこれ』

金井美恵子といえば里帰りする前に読んじゃおうと読んでいた『目白雑録〈2〉』。小津安二郎の『麦秋』について蓮實重彦が書いた批評からあれこれ波及していろいろコメントしてたのが面白かった(そして小津映画はあんまり好きじゃない、とか書いちゃうところ…

吉田健一『私の食物誌』

中公文庫から出ている吉田健一『私の食物誌』をのんびり読んでいたのだけど、解説が金井美恵子なことを今日はじめて知った。だいたいこれは家人の本(古本)なのだけど、こういう細かい部分まで(おそらく若い頃に)金井美恵子マスターだったのねーと感心。本に…

リンカラン別冊『産んで育てる、自然な生き方幸せいっぱいの出産、喜びの子育て。』

リンカランの別冊で『産んで育てる、自然な生き方幸せいっぱいの出産、喜びの子育て。』というのが3/5発売される。ジャストタイミングなのでちょっと読んでみたい。幸せいっぱいの出産、喜びの子育て。―産んで育てる、自然な生き方 (SONY MAGAZINES ANNEX 第…

里帰り先での検診

ビッグベイビーになるかとひやひやしていたけれどそれほど成長してなくてちょっと安心。それより私の体重増加について注意を受けた。がーん。

「愛を知る人は、誰も愛していない時でも、

愛を知る人として存在する。」