地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と11歳と8歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『埋もれ木』 (小栗康平/2005)

夢の物語と現実の物語と平行で語られているように見えて微妙に近くなっていくような不思議な小栗康平の独特の世界。主人公はいるけれどみな同じ目線、決して物語自体を語らず静かに淡々と進んでいく、こういう感覚の映画は気持ちがいい。

埋もれ木 [DVD]

埋もれ木 [DVD]