地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


池田晶子『14歳からの哲学』『14歳の君へ』『41歳からの哲学』

すこし前に池田晶子『14歳からの哲学』を私が読んで、これはかなりおもしろいと思って、次に『14歳の君へ』『41歳からの哲学』を読んでこれもなかなかおもしろかったです。14歳シリーズは、中学生のときに読んで果たして感銘を受けたかというと、精神的に幼かった私にはわからなかったんじゃないかなと思います。人生、幸せ、正しさ、死、を平易な言葉で教えてくれる池田晶子が、いま読んでおもしろいです。賢い人生。


長女は『14歳の君へ』を読んでて、自分自分自分自分……てなんだかよくわからなくなってきた…と言うてました。11歳の感想。『14歳からの哲学』もチャレンジしてみるがよい。