地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『午後8時の訪問者(La fille inconnue)』(ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ/2016/ベルギー、フランス)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

午後8時の訪問者 [ アデル・エネル ]
価格:3346円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)



BGMの排除、ラストの幕切れ等、ダルデンヌ兄弟らしい映画。診療時間外にやってきた女性。時間外ということでドアを開けず、女性は近くの現場で名前もわからず遺体として発見されます。主演の女医役アデル・エネルが寡黙にタフでよい。『息子のまなざし』『ある子供』『イゴールの約束』なんかに比べると若干まるい感じのする見やすい映画。


chim.hatenablog.com

chim.hatenablog.com

chim.hatenablog.com