地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『未来よ こんにちは(L'avenir)』(ミア・ハンセン=ラヴ/2016/フランス、ドイツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未来よこんにちは【Blu-ray】 [ イザベル・ユペール ]
価格:3807円(税込、送料無料) (2018/3/1時点)



いつものイザベル・ユペール見たさに観賞。どうしてこんなになにを見てもイザベル・ユペールがよいのか感動もの。ハズレがない印象。イザベル・ユペールは高校の哲学教師という役だけど、フランスの高校には哲学の授業があるの?さすがフランス……。高校生たちが意見を出しあう授業の様子もおもしろい。授業そのものもいわゆるイメージする授業とは違ってなんという自然体で理想形。これといったストーリーがあるわけではなく、50代の主人公が現実を生き抜く姿を描きます。切なくもポジティブ。邦題がいまいちなのだけがざんねん。


当時イザベル・ユペール64歳。すばらしい。