地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


小学4年生:『義経記』を読む

小4長女がしぶい本を熱心に読んでいます。


古典文学全集、須知徳平の『義経記』。義経の一代記です。本自体も1965年発行のなかなかの年代物。たぶん妖怪ウォッチ義経が発端な気がするけど、いっときよく歴史ものを読んでた時期から遠ざかり、またちょっと戻ってきた感じ。何が契機になるかわからないのがおもしろいねー で、これまたしぶく、くもんのまんが古典文学館『義経記』を学校でかりてきて読んでました。こんなしぶい女子でいいのか。いまどきのはないのかなーと思って調べてみたけど、新装版の児童向け『義経記』というのはないみたい。お話し的にブームではないみたい。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

義経記 (くもんのまんが古典文学館) [ 岸田恋 ]
価格:1258円(税込、送料無料) (2018/2/24時点)