地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『キカ(KIKA)』(ペドロ・アルモドバル/1993/スペイン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キカ [ ベロニカ・フォルケ ]
価格:1409円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)



『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999)同様、15年以上ぶりくらいに再見。おそろしい月日の流れ。ジャン=ポール・ゴルチェの衣装が話題だったこの映画も案外覚えてて、ストーリーそのものがブッ飛んでるけど俳優もノリもすべてが濃い。濃さゆえにインパクトの強いシーン多め。おもろいけど、印象としては若い頃に持った感想とそれほど変わらず、『オール・アバウト・マイ・マザー』や『バッド・エデュケーション』や『ボルベール <帰郷>』や『抱擁のかけら 』といった、このあとの作品のほうが好きです。