地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『誰のせいでもない(Every Thing Will Be Fine)』(ヴィム・ヴェンダース/2015/ドイツ、カナダ、フランス、スウェーデン、ノルウェー)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

誰のせいでもない [ ジェームズ・フランコ ]
価格:3336円(税込、送料無料) (2018/2/11時点)



雪深いカナダの郊外。ある日の夕方、作家のトマスが幼い子どもを車でひいてしまい、子どもは亡くなってしまいます。ヴェンダースシャルロット・ゲンズブール、という情報のみで視聴。そもそもは3D作品なんだそうで、確かにそれっぽい映像。微妙に気になります。どこまでいっても何をしても自己肯定が強く、自己中に自己陶酔する主人公にモヤモヤしっぱなしで、恍惚としたラストにヴェンダースの策略を感じます。