地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『母の残像(Louder Than Bombs)』(ヨアキム・トリアー/2016/ノルウェー、フランス、デンマーク、アメリカ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

母の残像 [ ガブリエル・バーン ]
価格:4190円(税込、送料無料) (2017/12/24時点)



イザベル・ユペール見たさに見たけど、イザベル・ユペールが出てるだけでその作品のおもしろさが増します。うーん好き。やっぱり好き。母の死後の話で母不在なのに映画の中でも外でもこの存在感。長男(ジェシー・アイゼンバーグ)と次男(デヴィン・ドルイド)の母との記憶と自己との葛藤がよくてこれは彼らの雰囲気もズルい。気になる。