地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


年長ハムコ:『ジャックと豆の木』がこわい

ハムコはこわがりで夜もひとりで寝れないタイプ。スーパーでうっかりひとりになっても(ただしくは私や姉のミニチムを見失っても)こわい。すぐ泣く。「とと姉ちゃん」は怒鳴ったり怒ったりしてるシーンが多いけど、それもダメ(これは泣かないけど目をそむけて耳をふさぐ)。で、先日『ジャックと豆の木』もこわいことに気付きました。大男がこわいらしいです。えー 繊細すぎる……


さっき「しょうがっこうはべんきょうばっかでしょー」と口をとがらせてました。そっち方面もしんぱい。最近ハムコはクリスマスやお正月が何月か知らないことを知りました。知ってるのは自分の誕生日月のみ。たぶんいまが何月かも知らない。何曜日かもあやうい。やばい。



ジャックと豆の木 [ ジョン・シェリ ]
価格:1512円(税込、送料無料)