地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


菅田将暉、野村周平、吉沢亮主演『男子高校生の日常』(松居大悟/2013)



菅田将暉が見たくて、この映画がなんなのかも知らずに夜中にぼんやり見たらおもしろかった。モテない男子高校生3人の日常ぐだぐだ話。ギャク漫画→アニメ化→映画化、という流れの人気作品なんだって。漫画もアニメも知らずに映画のみ見た感想としては、冒頭部分は、同じく2013年に菅田将暉が主演した『共喰い』(青山真治)くらい(違うベクトルで)テンションあがりました。


文化祭云々というイベントより、菅田将暉野村周平吉沢亮のしょーもないアホな会話が延々と続いたほうがおもしろかったなー。野村周平は『ちはやふる』の太一役より、断然こっちのヨシタケ役のがよい。できる子やったんや。『ちはやふる』ではぜんぜんわからんかった。今をトキメく吉沢亮もなかなかよかったです。


この映画、原作の漫画を知ってる人からはネット上だとボコボコに叩かれて評価悪いけど、菅田将暉が見たいという以上の映画ではあり(たとえば『海月姫』(2014)は"以上"の映画ではなく)、本編の1/3はかなりおもしろいです。 映画→漫画、という流れで漫画をすこし見てみたけど、正直映画の菅田将暉野村周平吉沢亮のほうがよいなー


菅田将暉を見て高畑充希を思い出さないけど、とと姉ちゃんのにやっと笑う表情の高畑充希を見て菅田将暉を思い出します。似てる。



男子高校生の日常(1) [ 山内泰延 ]
価格:514円(税込、送料無料)



共喰い【Blu-ray】 [ 菅田将暉 ]
価格:4374円(税込、送料無料)