読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『私の、息子(Pozitia copilului)』(カリン・ペーター・ネッツァー/2013/ルーマニア)

私の、息子(DVD)

私の、息子(DVD)
価格:3,312円(税込、送料別)


2013年ベルリン国際映画祭金熊賞作品。全編不安定なハンディカメラでの撮影。ハンディカメラでの映画はめずらしくないけど、この作品はうっかり酔うレベルの手ブレ。一人息子を溺愛し過干渉するセレブ母と、反発する息子(わりといい歳)。尺は普通なのに緊迫感が延々と続くのでちょっと長く感じます。貧困層である家族に母が詫びを入れるクライマックスがなかなかリアル。