地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


NHK朝ドラ「あさが来た」のテンションを上げるために 企画展「九転十起生-広岡浅子の生涯」

月刊島民(http://www.nakanoshima-univ.com/about/tomin/)の最新号が、来週から放送されるNHK朝ドラ「あさが来た」のヒロイン、大同生命の前身の豪商・加島屋を支えた広岡浅子および豪商の特集。大阪放送局制作で舞台が近くなこともあって楽しみにしてるんだけど(なんだかんだと朝ドラを見続けています)、その特集で大同生命大阪本社で広岡浅子氏の生涯を紹介する企画展をやってるのを知って、家人が子どもたちを習い事に連れ出してくれてる時間にひとりで行ってきました。


月刊島民の記事。





大同生命大阪本社。



www.daido-life.co.jp


幕末が舞台なので新撰組近藤勇土方歳三にお金を貸し付けていた借用書が残っていたり(回収できず)、村岡花子とのかかわり、その他有名人のオンパレードでなかなか華やか。広岡浅子自身もバイタリティのある女性ですてき。ひとりでがぜん盛り上がってきました。会場にいたおばちゃんたちもよそのおばちゃんたちとおおいに盛り上がってました(そのハードルの低さ関西的)。


原作(原案)ポチってしもーたー