地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


滋賀・大津 かるたの聖地 近江神宮へ行ってきました

まだまだ続く百人一首ブームのミニチム。天智天皇をまつる近江神宮に行ってみたいというので(百人一首の巻頭歌「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ」)、あ、じゃあハムコも楽しめるようにクラブハリエに寄って焼きたてバームクーヘンでも食べてこよーと安易に想像してたらクラブハリエのある近江八幡て、近江神宮から車で1時間以上かかるとこでした…… そのうえカフェでの焼きたてバームクーヘンてとっくにやってなかった…… 大津でなにかハムコが楽しめそうなところはないかと探したもののいい感じのところは見つからず。


そんなこんなで近江神宮に到着。



マンガによく出てくる階段をのぼるふたり。



立派。私も近江神宮てはじめて来ました。神社や寺ていいわー


ちはやふるおみくじをひいてから参拝。その後近江神宮の中にある時計館宝物館で開催されている「ちはやふる名場面総選挙 複製原画展」へ。複製原画なので特別ありがたくはないのだけど子どものために大事なオプション。読者が選ぶ1-20位までの名シーンが飾られてその下には読者のコメントの数々。ちなみに1位は太一の告白シーン、2位は新の告白シーン、コメントは30代40代の女性が主、という実によくわかるけども!でも!というニュアンスのものでした。対象読者はハタチ以下くらいでいいではないでしょうか……


せっかく近江神宮に来たので、なにもやってない日だったけど近江勧学館ものぞきに行きました。静かに闘志を燃やすミニチム。



ところで百人一首はミニチムに負けはじめてからさっぱり勝てず、わりと調子に乗ってたのでこれはアカンなーアカン子になってしまうと危機感を抱いて、ちょっと勉強してから勝負して今日ようやく勝てました。よかったよかった。しかし勉強しなくては勝てないとかもはや本気でやらないと勝てないのよー