読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と8歳と5歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


Lilypie Kids Birthday tickers Lilypie Kids Birthday tickers

『アデル、ブルーは熱い色(La vie d'Adele)』(アブデラティフ・ケシシュ/2013/フランス)

映画


『アデル、ブルーは熱い色』予告編 - YouTube


カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したニュースを知ったときから見たかった映画(映画館には足を運べず)。レズビアンに目覚めた主人公アデルの愛と人生の物語。3時間という長尺なれど、3時間が長く感じられないくらいの充実したすばらしい映画でした。


刺激のない高校生活を送るアデルをどうしようもなく引き付けた美術学校に通うエマ。エマ演じるレア・セドゥがハマり役。青色の髪で知的にサルトル実存主義を語る姿、投げかけられる視線、レズビアンでなくとも魅力的すぎる彼女に釘づけ(多くの女子はこういう知的ボーイッシュな女子が好きだと思う/この配役の時点で女子受けが非常によい映画だと思う)。恋に落ち、次第に距離が縮まる一瞬一瞬がうつくしい。涙がこぼれるくらいきれい。人生に偶然はないのよ。