地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『渇き。』(中島哲也/2014)


嫌われ松子の一生」も「告白」も見たけど、今回の中島哲也キッチュでポップな要素を入れた園子温的な暴力シーンアクションシーン全開の全力疾走映画。


園子温にハマれない故、「渇き。」も見事にハマれなかった。「告白」はいいと思ったんだけどなー 学生の頃とか自分がテンション高い時期に見ないとなかなかむずかしい。


ボク役の清水尋也て「ソロモンの偽証」で大出俊次役の子で、180度違う役をやってるのね(原作しか知らないけど)。遠藤役の二階堂ふみ二階堂ふみだと気づくまでに時間がかかった。いろんな顔ができる女優さん。