読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』(ジム・ジャームッシュ/2013/アメリカ、イギリス、ドイツ)

映画



ジム・ジャームッシュが描くポップでロックなエンターテインメントなヴァンパイア映画。音楽や文学の様々な引用(引用は分からないものがほとんどだけどジャームッシュの好きなもので埋められている単語を聞いているのは楽しい)。退廃的なデトロイトの夜はかっこよく、PVみたいな映像と、古典的なれど耽美でシュールでヴァンパイア。


イヴ役のティルダ・スウィントンデヴィッド・ボウイのようで異様にかっこいいのだけど、この時の彼女が50過ぎという年齢にびっくり。まさに年齢不詳のヴァンパイア。