地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


なつの帰省

三重と愛知の帰省ツアーから帰宅。


お天気もそれほどよくなかったのでとくに遊びらしい遊びはしなかったけど、親が元気で暮らしていることやなかなか会えない甥や姪の成長を感じた帰省。お墓参りもできたしよかったよかった。


そんななかトーカイさんのお宅におじゃましてきました。トーカイさん夫婦はお似合いで雰囲気のいいご夫婦。こだわりの自宅は旦那さまご担当のレトロで精巧なロボフィギュアもなじんでほんとにすてき空間。そしてなんといっても広い!ミニチムやハムコが広さにテンションあがって走って走ってすいません。あーうちの和室をなんとかしたーい(触発されまくり)。


大阪に帰る日、トーカイさんに教えてもらった安野光雅の展覧会に行ってきました。「旅の絵本」の原画展だったんだけど、原画で見る安野光雅のおもしろいこと。子どもの本棚にある「あいうえおみせ」もだけど、繊細でやさしい水彩画で、そのうえ遊び心があって楽しいです。


原画には必ず旅人がいること、隠し絵があったり世界中の絵本や童話のキャラクターが隠れていたりゲーム感覚で見つけるのが楽しいみたいでミニチムもハムコも「あったー!」(美術館なのでひそひそ声で)と何度も教えてくれました。


旅の絵本 (3)  イギリス編 (安野光雅の絵本)

旅の絵本 (3) イギリス編 (安野光雅の絵本)


旅の絵本(5)  スペイン編 (安野光雅の絵本)

旅の絵本(5) スペイン編 (安野光雅の絵本)


あいうえおみせ (安野光雅の絵本)

あいうえおみせ (安野光雅の絵本)