読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『恋のロンドン狂騒曲(You Will Meet a Tall Dark Stranger)』(ウディ・アレン/2010/アメリカ、スペイン)

映画


出演はアンソニー・ホプキンスナオミ・ワッツジョシュ・ブローリン、ジェマ・ジョーンズ、アントニオ・バンデラス。パリもローマもそれぞれ魅力的に撮影していたのに、今回のロンドンはいちばん街の魅力が活きていない感じがしました。

「life was full of sound and fury, and in the end, signified nothing」というシェークスピアの引用ではじまる冒頭。ウディ・アレン安定の恋のから騒ぎ