地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『ローマでアモーレ(To Rome with Love)』(ウディ・アレン/2012/アメリカ、イタリア、スペイン)


群像ラブ・コメディ。出演はウディ・アレンのほかにペネロペ・クルスアレック・ボールドウィンジェシー・アイゼンバーグエレン・ペイジロベルト・ベニーニ。4つの物語を同時進行させそれぞれキャストが豪華で楽しい。『ミッドナイト・イン・パリ』(2011)もパリの魅力を存分に発揮させていたけど、『ローマの休日』さながらにイタリアの名所や旧跡を巡る本作もローマに行きたい!と思わせるローマの魅力でいっぱい。


完全にイタリア映画賛歌の映画!