地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『メリエスの素晴らしき映画魔術(Le voyage extraordinaire)』(セルジュ・ブルンバーグ、エリック・ランジ/2011/フランス)


ヒューゴで知った、『月世界旅行』(1902年)のカラー修復版。劣化したカラーフィルムをデジタル修復する工程をメインに撮影したドキュメンタリー。ミシェル・ゴンドリーもメリエスへの愛を語ります。


ボロボロに割れ、欠損箇所もあるフィルムがスペシャリストたちによって修復される様子はほんとにすごい。おもしろい。そして出来上がった画像の美しいこと!まさに夢が生まれる瞬間。


すばらしい映像が見られるのに、このドキュメンタリーの作り方があまりに平凡だったのがもったいない。