地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『東京上空いらっしゃいませ』(相米慎二/1990/松竹)


東京上空いらっしゃいませ [DVD]

東京上空いらっしゃいませ [DVD]


相米慎二続きます。


牧瀬里穂主演&デビュー作品。若さはじける元気いっぱいの牧瀬里穂のファンタジーなアイドル映画(80年代要素がまだまだ残る1990年でありバブル絶頂期)。破綻してても疑問を感じさせない相米ワールド。当時の牧瀬里穂がちょっと多部未華子に似てます。


アルバイト先のハンバーガー屋でハンバーガーを作る牧瀬里穂を長回しで撮ったショットが好き。メタメタのハンバーガーを大学生らしき男性たちに差し出し「私の自信作です!」「おいしいんです!」と満面の笑みで言う牧瀬里穂はほんとーにかわいい。このかわいさは見とくべき。ラスト近くのダンスシーンより断然このハンバーガーシーンのほうが好き。


ラストでトロンボーンを買うとき牧瀬里穂似の女の子とすれ違う中井貴一の表情、ラストカットの静止画の微妙なブレ具合がものすごくいいです。特撮のありえないショボさもむしろ好感。