地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


クリスマス会聖誕劇とイルミネーション

先日姉妹が通う保育園でクリスマス会があり、年長さんによる生誕劇を見てきました。0歳児で入園してから年中さんまでこういう出し物的な催しは一切ないうちの保育園(日常を大切にするというコンセプトのため運動会もありません)。年長さんになってこのクリスマス会の生誕劇がいちばんの盛り上がりといっても過言ではなく、この保育園に通わせている親としてはクラスのみんなと作り上げた何かを見るというのははじめてで園児を囲む大人のほうが力が入ります。


当日は家人がビデオ&カメラ係、私はハムコをひざに乗せて観賞。入場シーンからすでにじんわり感動。ミニチムの緊張でこわばった顔にもじんわり。セリフを聞いてじんわり。もっともっとちいさかった頃を思い出してじんわり。先生たちも涙涙のよい生誕劇でした。


ところでイエス様誕生のお祝いとして東方の三博士が捧げた3つのうち黄金以外の2つの名称がよく聞き取れなくて調べてみました。「黄金」「乳香(にゅうこう)」「没薬(もつやく)」の3つでした。「乳香」とは崇拝に使われる高価な香料、「没薬」とは復活を意味する死体の防腐剤なんだって。へー。



本日は12月なかなか土曜日に行けなかったピアノのレッスンの振替日。保育園からダッシュでいつもと違う本町付近の教室へ行ってレッスン。ちょうど御堂筋のイルミネーション見れるねーとミニチムと付添いのハムコに話すと「見てく!」とのことでピンクオレンジブルーに光る木々のライトの下を通って帰宅。寒かったけどイルミネーションていいねえ。きれいだし元気になれるわー。


御堂筋イルミネーション2013:大阪・光の饗宴2013
http://www.hikari-kyoen.com/midosuji/midosuji.html