地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


ニャーしょうぎ付き羽海野チカ『3月のライオン』最新刊


http://3lion.younganimal.com/vol9limited/



『3月のライオン』最新刊は限定でおでかけニャーしょうぎ付。ということで買ってみました。どうぶつしょうぎも持ってないしネコグッズだし子どもたちにいいかなーと思ったら6歳ミニチム(ネコ好き)がすごい食いつきを見せました。


朝もはやくから3歳ハムコを相手に教えこんでいます。駒を並べてふたりで「よろしくおねがいします」と言い合ってはじめるまではいいものの、6歳はなかなか接待ゲームができず3歳は3歳でついていけずゲーム破たん→6歳またやろうと誘う→3歳おもしろくなくていやー→ひしゃニャーとかくニャーを持って逃げる→おかーさーん! そもそも子どもだけではゲームがまだ成立しないけれど、家人や私とならなかなか上手にやってます。ちいさいしおでかけにはほんとにちょうどいいかもと思います。



本編はまたこれがよかった…… 『3月のライオン』ダレることなくおもしろいな!