地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『ロシュフォールの恋人たち(Les Demoiselles de Rochefort)』(ジャック・ドゥミ/1966/フランス)


Les Demoiselles de Rochefort (1967) - trailer - YouTube


あまりに有名で見てるような気がしてて見てなかったジャック・ドゥミ『ロシュフォールの恋人たち』。


うろ覚えの『シェルブールの雨傘』的なフレンチミュージカルを想像していただけに、ジーン・ケリーとジョージ・チャキリスの登場でほぼアメリカンミュージカルになってしまったのがむしろすごいな!とへんに感動。ジーン・ケリーが歌い踊れば『踊る大紐育』や『巴里のアメリカ人』になり、ジョージ・チャキリスが歌い踊れば完全に『ウエスト・サイド物語』。フランソワーズ・ドルレアックカトリーヌ・ドヌーヴ姉妹よりフランス映画でフランス語を話して歌い踊るジーン・ケリー&ジョージ・チャキリスのほうに目が行ってしまうー


わざわざアメリカ人の彼らを配役したのはジャック・ドゥミの好み?だと思うけど、あまりに『ウエスト・サイド物語』がチラついてしまうと『ウエスト・サイド物語』とは完全にパワーで負けてるしなかなか辛いものがあるんじゃないかと思います。