地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


6歳のなんどくえきと2歳のぶどう

朝、NHK Eテレ『シャキーン』がついているんだけど、いま難読駅の関西編をやっててミニチムが熱心に見て覚えてます。


スタートは滋賀の「膳所(ぜぜ)」、京都にいって「烏丸(からすま)」、大阪で「吹田(すいた)」「十三(じゅうそう)」「喜連瓜破(きれうりわり)」「河堀口(こぼれぐち)」、和歌山で「朝来(あっそ)」、終点の奈良で「京終(きょうばて)」。


ミニチムがテレビに向かって「きれうりわりー!」とか回答してるとなかなかおもしろいです。来年小学生になるのが不安だけど、こうやって勝手にいろいろ覚えていくんだねえ。


ところで私は大阪在住なのに河堀口も朝来も京終も知らなかったです。


シャキーン! ザ・コンプリートソングス [DVD]

シャキーン! ザ・コンプリートソングス [DVD]



最近ベランダの赤くなったミニトマトを順番にミニチムとハムコに採ってもらってます(ふたりともトマトは食べないので食べるのは主に私)。最初は「トマト」だと認識していたはずのハムコ、なぜかどこかでこんがらがって「ぶどう」と言うようになりました。完全に間違っとるがな。しかしなんだかかわいいので「ぶどう」ということにしておきます。