地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『我らの生活(La nostra vita)』(ダニエレ・ルケッティ/2010/イタリア)


三男の出産と同時に愛する妻を亡くした夫が幼い子供たちを抱えながら奮闘する話。シングルパパの子育てメインというわけではなく、ジプシーの不法労働者の話も絡ませながら劇中はわりとシリアス。


パパとママのベッドだったベッドで子どもたちと寝るラスト。このラストに向かうあたりの流れから感動的。