地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『カンタベリー物語(A Canterbury Tale)』(マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー/1944/イギリス)


パゾリーニではなくマイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーのほのぼの作品。パゾリーニの『カンタベリー物語』はほとんど忘れてしまったものの、エログロ系のパゾリーニからはわりと対極にあると思われます。1939年の作品『スパイ(The Spy in Black)』でも書いたように(http://chim.hatenablog.com/entry/20130113/p2)、マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーという名前を聞いただけで心躍ります。この時代でありながら、プロパガンダではない文化的イギリス紳士の作品。ほんとになかなか見れなかった彼らの作品がいまになっていろいろ見れるのはうれしいなー


糊男(グルーマン)の犯人を見つけ出すという大筋があるにもかかわらず、あえて犯人を物語のなかではっきりと言わないあたりは彼らぽい。でも牧歌的な作品であるがゆえに、マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーというフィルターがないと実は眠いかも……


映画の中でカンタベリー大聖堂が映るんだけど、大戦中ドイツ軍から爆撃を受けて破壊された跡が見えるものの、歴史的建造物であるこの大聖堂がほんとうに美しくて目を見張るほど。




下はパゾリーニの『カンタベリー物語』。パゾリーニはDVDの入手も簡単で見やすい(映画自体は見やすくないけど)んだけどな。


【送料無料】カンタベリー物語

【送料無料】カンタベリー物語
価格:3,591円(税込、送料込)