地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


今朝のおしゃリーマン

今朝エレベーターでいっしょになったおそらくアパレル系のおしゃリーマン(推定年齢38/サラリーマンスーツには疎いけどメーカー系や商社系のサラリーマンではないくらいならわかる)。


駆け込みで乗ってきたのはおしゃリーマンの知り合いか同じ会社の男性。「あっそのパンツいいですねえ」「これ?551やでー」 551?511だったかも。551は蓬莱?ていうかリーバイス?おしゃリーマンが着用していたのはぱっと見デニムぽくない水色とターコイズをあわせたようなきれい色のすっとしたパンツだったんだけど、アパレル系(と勝手に決めつけ)やるな!と感心しました。細かいセンス云々はよくわからないけど、ネクタイ&スーツのカテゴリのなかに入るなら相当なおしゃリーマンでした。



こんなにブルーじゃなかったような気もするけど、なんていうかおしゃれな人が着こなすとおしゃれになるんだわーと違う方面からも感心します。普通のサラリーマンのなかにまぎれてるとわかりやすいっていうのもあるんだろうけどねー 普通のサラリーマンのなかのおしゃリーマンを探すのは私には知識がなさすぎます。